ダブルワークのオーバーワーク過重労働に気をつけましょう

在宅ワークを加えたダブルワークで収入向上をお子様が大学進学を機に県外で一人暮らしを始めた場合、奨学金を借りても生活費が足りず何とかしてあげたいと、今のお仕事に加えてダブルワークを開始される親御さんも多いかと思います。
また、リストラに合って再就職した先の給料が今までより低かった場合、その穴埋めとして警備員や施設管理の夜間アルバイトを始められるかたもいらっしゃいます。
特に多いのが、シングルマザーの皆さんで2~3つのお仕事を掛け持ちしているかたで、傍から見ているといつ寝ているんだろうと思う人もいらっしゃいます。
こんな時に気をつける必要があるのは、ダブルワークによる過重労働です。
ダブルワークをされている多くの方は、非正規雇用が多く過重労働で体調を崩してしまったり事故に遭ったりすると、会社からの助けもなく収入も途絶え生活が経ちいかなくなる場合もあります。

過重労働での事故のお話

オーバーワークでの交通事故知り合いで、3人のお子様を抱えたシングルマザーの方がいます。
昼は介護職のパートを2つ掛け持ちし、夕方から弁当工場でパート勤務をされていました。トータルの月収は30万円を越えていて、子供たちにも一人は大学卒業、もう一人は希望の大学に進学をさせ生活も少し先が見えてきたようにみえました。
そんな矢先に、彼女は事故にあってしまいました。夜明けの弁当工場のパートの帰り道で、ガードレールに激突しろっ骨を折る重傷です。現場には、ブレーキの痕跡もなく完全な居眠り運転だったそうです。
現在も入院中ですが、長男が就職して生活を支えています。

彼女の場合、自損事故だったのですが、これが人身事故であった場合は補償金などで大変な人生になったと思います。

ダブルワークのもう一つに在宅ワークという選択肢

生活の為にダブルワークを考える場合、在宅ワークという選択肢もあります。在宅ワークというとあやしくて不安があるなどあまり良い印象を持っておられない方も多いですが、通信環境が発達し生活や働き方が多様化する社会にあっては、身体に負担を掛けないあたらしい形の働き方としてとらえられます。

ライティング、WEBライター、ブログ運営、商品モニター、ネットショップでの委託販売、テレフォンアポインター、計データの入力、在宅オペレーターなど様々な在宅ワークがあります。個々の在宅ワークは単価が安いものが多いですが、中には継続していくと単価が高くなりかなりの収入になる在宅ワークもあります。
最初は、色々な在宅ワークをやってみて自分に合う在宅ワークを組み合わせて収入をあげることも良いのではないかとおもいます。その中で報酬が上がっていく在宅ワークをメインとして専門知識をつけ安定した収入を確保していくことを目指すこともできます。

在宅オペレーターという選択肢

在宅オペレーター当社では在宅でオペレーター業務を行って頂ける皆様を募集しています。
当社の在宅オペレーターの特徴は、長く働いていただければ報酬がアップしていく点にあります。
業務は、当社契約企業の入電対応となりますのでテレフォンアポインターのように自分から発信することはありません。入電に対する対応は、企業ごとにマニュアル化されていますので未経験の方でも、時間が解決してくれます。
もう一つの特徴は、成果報酬制度があることです。こちらの業務は、一般の方からの緊急修理業務の受付で、うまく成約に結びつけられれば成約金額に応じての成果報酬が入ることになります。

例えば在宅ワークでは以下の流れになります。

お客さまお客さま

トイレが詰まって流れないので緊急に対応して欲しい

在宅オペレーター在宅オペレーター

水道修理技術員の手配

在宅オペレーター在宅オペレーター

修理見積金額と技術員の到着時間を伝える

修理スタッフ修理スタッフ

技術員が現場で修理完了

在宅オペレーター在宅オペレーター

完了報告をする

成約

在宅オペレーターに慣れ、件数を多くこなせるようになれば驚くほどの月収となります。

在宅ワーク求人 在宅オペレーター募集

詳細は、当社の在宅ワーク求人 在宅オペレーター募集ページをご参考にして頂くか、資料請求の上ご検討ください。

シフト表ドラフト

在宅ワーク求人募集