増える本業として取り組む在宅ワーカー

故郷で在宅ワーク近年 在宅ワークをする人が増えてきています。
一億総活躍社会といいながら、まだ子供が小さくて家を空けられなかったり、子育てが忙しくてパート出れない人、中高年で早期退職した人、リストラにあって再就職が困難な人、障害があって外出が困難な人への施策が十分ではないからです。

それでも働いて生活を維持していかなければなりませんし、わずかでも収入を得たいというニーズが高まり在宅ワークに取り組む人が多くなっています。

在宅ワークでの収入に依存する割合も高くなり、最近では副業としての在宅ワークより本業として取り組もうとしている人の増加率が高くなってきています。

在宅ワークでは資格が役に立つか?実績が役に立つのか?

在宅ワークを本業として取り組む際には、当然、外に出て働くのと同じ、あるいはそれ以上の稼ぎがなければなりません。
それには当然仕事の作業効率を上げたり、クライアントからの信頼度を高めていく必要があります。

そういう場合、クライアントが資格と実績のどちらを優先するかとゆうと、目に見える実績がより重視される傾向にあります。

在宅ワークの仕事は様々で、昔ながらのラベル貼りや商品のラッピングをする内職系在宅ワークから、ネットを使ったアンケートモニター、データ入力やライティング作業などあまりスキルの必要でない案件、言語の通訳や翻訳、イラストやデザインの作成、さらにはウェブデザインや開発など一定のスキルが必要で、そのスキルを評価する基準が一般的にそんざいする案件、ブログやサイトの運営などトータルな知識を必要とする案件があります。

アンケートモニター、データ入力やライティング作業であれば資格はまず重視されません。必要あるとすれば案件を募集する会社が行っているランク付けの試験を受けてランクを上げていくことです。

仕事を受けたら仕事に集中して必ず納期までに一定水準の成果物を完成させる実績を作っていけば、徐々に単価の高い案件にたどり着くことができるでしょうし、ご指名で仕事も受けられるかもしれません。

言語の通訳や翻訳、イラストやデザインの作成、ウェブデザインや開発といった専門職が強い仕事であれば資格がないよりは、あったほうが案件を受注しやすいという程度です。
発注者が期待したレベルでの成果物を納品できなければ次の仕事にはつながりませんし、納期が遅れれば、次の仕事はありません。

在宅ワークは資格に頼るより実績の積み重ねが必要

資格より発注者や募集会社に納品した成果物が、目に見える実績として積み重なっていくことが大切になります。

そのためには、コツコツ積み上げる実績が目に見えるようになるぐらい長く諦めずに取り組むことが、在宅ワークの必要条件であることに気が付きます。

在宅コールセンターオペレーターを募集しています

田舎で在宅ワークアクスイリュージョンでは、在宅コールセンター オペレーターとして在宅ワークで働いて頂ける皆様を募集しています。

在宅オペレーターも、長く続ければそれだけ報酬に反映するシステムとなっています。

また、オペレーター勤務時間外は、様々な在宅ワークに取り組むこともできると思います。アクスイリュージョン本部は、本年よりアフィリエイトも開始する方針であることを発表しています。具体的な発表はありませんが、在宅オペレーターの皆様の収入アップにつながっていくシステムであればよいのではないでしょうか。

 

ご参考

「一億総活躍」社会の実現に向けた取組
出典:厚生労働省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000116974.pdf)

14,15ページが説明ページの様です。

あなたの居場所はありますか?

あるなら、いいですね。