契約企業の受付窓口として手順に従った対応

未経験者や初心者の方が、在宅コールセンターオペレーターとして働く場合、業務内容も分からず、パソコンの操作も不慣れということもあり不安も多いと思います。

いきなり、こちらで、説明している第1コールセンターでのお仕事では、混乱してしまい作業が滞ることが考えられます。

そこで、当社では、未経験者や初心者の方は、基本的な受付手順がが決まっている第2コールセンターでの対応をお願いしています。

アクスイリュージョン在宅コールセンター

第2コールセンターの業務内容

第2コールセンターの業務内容は、当社が契約する企業様や個人事業主様の受付窓口や会社のキャンペーン問合せ、お申込み対応などあらかじめ決められた作業手順によりマニュアルで対応して頂く作業内容となります。

コールセンターの構成は、上記の通り第1コールセンターと同様ですが、オペレーターの経験や対応状況により、本部SV(スーパーバーザー、管理者)が着信の振り分け設定を行います。

第2コールセンターでの具体的な対応の流れは、下記のようになります。

お客様からのパソコン上へ着信
(当社ソフトウェアの着信動画ではありませんが、イメージをとらえて頂くために掲載してあります)

在宅オペレーター在宅オペレーター

お電話ありがとうございます。 ○○会社 受付 ○○です。

お客さまお客さま

△△さんはいらっしゃいますか?

在宅オペレーター在宅オペレーター

ただいま、外出しておりますので、戻り次第折り返し致します。お名前とお電話番号を伺います。

在宅オペレーター在宅オペレーター

お客様から伺った内容をもとに、当社専用のソフトウェアから業務報告します。これにより、ご契約者様へ受付内容が報告されます。

第2コールセンターでの報酬

第2コールセンターでの報酬には、第1コールセンターのような成果報酬による加算は、ほとんどなく固定報酬制となります。そのため、稼働時間に対しての報酬の支払いとなります。

報酬金額は、最低時給換算で700円を保証しています。夜間や深夜、早朝の時間帯の対応の場合、時給換算が増える報酬体系となっています。

時給換算:
業務契約が、アルバイトやパートなどの雇用契約ではなく、業務請負契約となりますので、時給換算(報酬金額/稼働時間)として表現しています。

在宅オペレーター業務が初めての方や未経験者の場合は、上記、勤務形態の第2コールセンターから初めて、在宅オペレーター業務に慣れて頂き、着信対応に慣れてきた段階で、第1コールセンター業務の着信も増やして行くこととなります。

第1コールセンターでは、受注案件を成約することで成果報酬も加わりますので、努力次第で高収入も期待できます。

ご縁があって働いて頂くことになりましたら、努力して高い報酬を得られますことを期待しています。

最新の募集条件は、資料請求でご確認ください。

性別不問、年齢不問で学生さんからシニア世代の方まで幅広く募集しています。

在宅ワークでの新しい働き方