広告




クラウドソーシングとは

クラウドソーシングイラストやロゴ作成、ライティング技術、ホームページ作成やSEOスキルを持つ在宅ワーカーやフリーランス、自営業者(受注者)とそのスキルを求める企業(発注者)とのマッチングサービスです。

発注者(企業)はクラウドサービスに対して仕事を発注するだけで、外注したい仕事内容に適した人材を幅広く集めることができるメリットがあり、受注者(フリーランス、在宅ワーカー)は、クラウドサービス上に公開された募集案件から自分に適した仕事を受注することが出来るメリットがあります。

お金の流れもクラウドサービスを介して行うため、特に受注者にとっては、支払い遅延や未払いなどの金銭トラブルを心配することなく安心して仕事に取り組めるメリットがあります。

有名な、クラウドサービスとしては、株式会社クラウドワークスが運営するクラウドワークスとランサーズ株式会社が運営するランサーズがあり、幅広い案件を紹介しています。

その他にも、ライティング専門のクラウドサービス CROCO株式会社のShinobiライティングや株式会社ウィルゲートのサグーワークスがあります。

在宅ワーク

高いスキルを持つフリーランスにとってはメリットはある

クラウドソーシングは、案件が豊富に掲載されておりサービスを提供する会社も複数あるので、高いスキルを持つフリーランスにとっては、稼ぎやすいサービスです。

仕事をこなして実績を積み重ねていくうちに、発注者から指名で仕事が入る場合もありこの場合は、作業単価も高く設定されています。

初心者やこれといったスキルのない人にとっては稼げない

広告





初心者やライティングの勉強中など発注者に認められるほどのスキルを持っていない人は、案件選びは注意が必要です。

例えば、最大手のクラウドソーシングであるクラウドワークスには、仕事の受注の方法に

  • コンペ方式
  • プロジェクト方式
  • タスク方式

の3つがあります。

コンペ方式は、発注者の案件に対して、受注者が提案する形をとっており、企業ロゴの作成やイラスト、ネーミング、キャッチコピー、LP作成などが中心となっています。

この方式で、初心者が受注できる応募できそうな案件はネーミングやキャッチコピーぐらいですが、この案件にしても奥が深い技術が必要です。

プロジェクト方式は、発注者と受注者マッチングは、クラウドソーシングが行うが、マッチングが行われた後の納期や仕事の範囲に関する交渉は、直接行うため業務に精通したスキルが必要です。案件も、HTMLサイトのCMS化や企業ホームページの作成、スマホアプリ作成、ポータルサイトや比較サイトの作成、コンテンツSEO向けのライティングなど初心者には対応が難しい案件がほとんどになります。

タスク方式は、日記調のライティングやアンケート回答、自分のSNSアカウントを使用しての拡散の依頼、ペットの写真の応募など初心者でも取り組める案件がほとんどですが、1案件の単価が、1円とか2円とかの案件が多く、初心者ができる案件で10円を越える案件をみると高額案件に思えるくらいです。

タスク方式に出されるライティングの案件にしても、1文字0.5円程度で2000文字以上などの案件が多く、初心者が時間をかけて作成しても高額報酬を得るのは難しい状態です。

また、完成して納品したライティング物件が未承認となることもあります。本人の力不足ということもありますが不承認の理由を明確に指摘されることも無い為、改善することもできません。

ここで、初心者が取り組みやすいタスク方式案件ばかりを続けていると、いつまでたっても稼げません。

裏側その壱 タスク方式には、横流しの案件も多く掲載されている

案件横流し

クラウドワークスの形態を利用して、高い案件を受注し安い単価で発注する方法で、その差額で利益を上げている人達もいます。

この横流し手順は、ノウハウ化されており、ココナラやワオミーで情報商材として販売されているのも目にします。

この方法で多くの案件をこなすことで、かなりの利益をコンスタントに上げている人もいる様です。

タスク案件に取り組む場合は、この様な労働力の搾取を目的とした案件かどうかを、発注者とのやり取りの中でそれとなく確認しておくことをお勧め致します。

裏側その弐 タスク案件を完了した後

タスク案件は、アンケートに数クリックで答えたり、商品のイメージを書いたり、指定されたホームページを訪問してURLをコピーするなど数分で終わり報酬1円という仕事が多くあります。

その後発注者から、お礼の連絡が入ることもあるのですが、この連絡が、それとなく情報商材販売への勧誘であったりする場合があります。

例えば、アンケート案件で、FXに興味がある方向けアンケートであったり、在宅ワークをしている方向けのアンケートや調査だった場合は、その確率は高くなります。

タスク案件を何件かこなすと同一内容のお礼の連絡が異なるアカウントの発注者から届く場合もあります。

長く取り組み稼ぎ続けるなら、稼ぎながらスキルアップしていくことが必要

スキルアップ

在宅ワークに取り組む場合は稼ぐことは絶対条件ですが、目標を決めてスキルを向上させながら取り組むことが大切です。

例えば、クラウドワークスに登録すると会員向けに無料で学べるスキルアップ動画でライティングやイラスト作成、ロゴ作成講座を受講できます。

ザグワークスが運営するこぶたの鉛筆ではライティングについて学ぶことができます。

クラウドソーシングが運営するライティング講座はまだたくさんありますので自分で取り組めそうな講座を探してみることをお勧め致します。

ただし、月10万稼げるライティング講座とか2500万稼いだライティング講座など個人で運営する講座は、情報商材を売り込むための手段にしている場合も多いので受講は慎重にしましょう。

在宅オペレーター クリック王は長く募集を続けています

真剣に在宅ワークを続けていくことを考えているけど、なかなか安心して取り組める在宅ワークが見つからなくてお迷いなら当社の在宅ワークもご検討ください。

在宅コールセンター オペレータイメージ

在宅コールセンターの稼働イメージ

短期間で諦めてしまうかたもいらっしゃいますが、長く続けて多くの報酬を獲得しているかたも多くいるのは事実です。

下記のリンクから資料請求の上、ご検討頂き参加したいと思いましたらご応募してください。

在宅オペレーター募集

 

広告