在宅オペレーターとして働く | 在宅ワーク求人募集

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

専業主婦の在宅ワーク 在宅オペレーターとして働く

在宅オペレーターとして働く

子供の為に在宅ワークとして稼ぎたい

結婚をしたら専業主婦になって家庭を支えるのが、小さい頃からの夢でした。
そのため高校卒業と同時に就職した会社を寿退社することには全く抵抗はなかったのですが、実際に専業主婦になると大変なことも多く、特に子どもが生まれてからは出費も多くなったので、自分もしっかり働こうと思い直したのです。
その時に在宅ワークを稼ぐ手立てとして選んだのは、子どもの存在があったからです。
保育園に預けるにしてもお金がいりますし、なにより最近は待機児童の話がよく取り上げられています。子どもを保育園に預けられるまで待っていたら、いつ働きに出られるか分かりません。
私が自宅で働きながら子どもを見れば問題ないと考えました。

在宅オペレーターを選ぶ

そして様々ある在宅ワークの中でも在宅オペレーターを選んだのは、他の在宅ワークよりも収入がいいと個人的に感じたのと、人と話すのが好きだったからです。
求人雑誌や求人サイトを回って自分のニーズに合った在宅オペレーターの仕事を探し出し、働くことにしました。
私が在宅オペレーターの仕事をするうえで一番気を遣ったのは、機材の有無です。
会社勤めであれば会社が提供する備品で働くことができますが、在宅ワークとなると自分で用意しなくてはいけない部分も出てくる心配があったためです。
なので働き先を探す時には、できるだけ自分で用意するものが少ない会社を選びました。すると在宅オペレーターとして欠かせない通話がパソコンに専用ソフトを入れてできる会社がありました。パソコンに入れるソフトは無料で提供してくれるところでしたので、大助かりでした。
また私がお世話になっている在宅オペレーターの会社では、好きなシフト時間を選んで働ける点も魅力的です。
基本的に時間交代制の業務なのですが、主人が夜勤や残業で遅いと分かっている日は、夜遅くまで仕事を入れる事が出来ますし、反対に子どもの用事などで休みたい時も比較的自由に休みを取ることが可能です。
そのため収入が一定額以上超えると扶養の問題が出てくる私のような主婦でも、計画的に働けるので安心しています。

在宅オペレーター募集

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

住宅用火災警報器の交換時期を迎えています。

自分で取り付ける火災報知器