生きる場所が在宅ワークかも

Pocket

ひとによって生きる場所が違う

  • 人間関係が苦手で大勢の人の中で自分の居場所を見つけられない
  • 子供の頃から体が弱く通勤で会社に着くころにはいつもクタクタ
  • 会社で働いていても人の目や評価が過度に気になる
  • 仕事のこと以外では話が続かない。食事会や忘年会に出るのが辛い
  • 自分では普通に行動しているつもりだが、人からおかしな人間だといわれる
  • 会社での仕事上は何も問題ないのに、周りとの関係がうまく作れず精神的な負担が大きくなっていき会社へ行くことが出来なくなってしまう
  • コミュニケーションが苦手で、人に頼めばいいのにと思うぐらいの量の仕事を抱え込んで精神的にも肉体的にもつぶれていく

あなたが、いま会社で大きなプレッシャーの中で毎日を過ごしていたり、耐え切れずに退職してしまったという人でも在宅ワークで生きていくという選択肢もあります。

会社という”常識”のコンクリートで固められた組織の中で力を発揮できなかったとしても、あなたの中には”常識”では理解できない価値基準、他人が持っていない想像力、他人には理解しがたい独創性が眠っているだけかもしれません。

在宅ワークは、会社というしばりの中では生かせなかったあなた本来の姿を発揮できるお仕事かもしれません。

ひとには、生きるに適した場所があります。

会社でうまくいかなかったとしても、会社という枠の中で求めることが出来なかっただけのことで、あなたが否定されたわけでありません。

ましてや自分で自分を否定してはいけません。

もしかしたら在宅ワークという混沌とした世界が、あなたの創造力や独創性が発揮できる場所かもしれません。

自分の力が発揮できる場所では、人は努力を続けられます。長い時間、努力を続けることで会社員として過ごしている人たちには見ることも出来ない世界に入っていけるかもしれません。

在宅ワーカーを選ぶ

初めから在宅ワークの収入だけで暮らそうとすると、生活がきついことになります。会社にお勤めの方なら、在宅ワークを副業からはじめたり、ダブルワークやトリプルワークでアルバイトやパートをかけもちしている方でしたらそのうちのひとつを在宅ワークにするという方法もあります。

在宅ワークが上手くいって収入の安定が見えてきたら、完全に在宅ワーカへ移行する形が良いでしょう。

まずは、自分を見つめ直して努力し続けられる在宅ワークを時間をかけて考えることから始めましょう。

人によって生きる場所はちがうのです。

あなたには、まだ、やることはたくさんあります。

在宅ワークを進めている訳ではありません

ここでは、在宅ワーク就労を進めているわけではありません。在宅ワークには、”在宅ワーク詐欺”という言葉やこちらにもあるように”常識”的にはあまり良いイメージがないことも事実ですし、本当にそんなところもあります。

会社という社会でうまく生きていけるひとは、そこで力を発揮していけばよいと思います。会社の中で自分本来の力を発揮できないひとは在宅ワークで働くという考えもありますよということです。

マグロに金魚鉢の中で生きろといっても無理なように、トビウオに飛べるならもっと高く飛べよといっても鳥ではないので無理な様に生き物にも人にも自分にあった生きる場所がありますよということです。

【谷川俊太郎「そのこ」 ~児童労働のない未来へ~】youtubeより共有

広告



お仕事の募集

【企業の皆様へ】
ユニークな発想と独特の世界観を持つ在宅ワーカーへお仕事を発注してみませんか?
企業様からのお仕事募集

Pocket

2018年7月13日在宅ワーク情報