目の心配は作業につきもの!対策はある?|主婦でもなれる!在宅ライター

Pocket

目の心配は作業につきもの!対策はある?|主婦でもなれる!在宅ライター

在宅ワークデータ入力で副業するの記事からのRSS情報です。

在宅ライターの作業は、パソコンがなければ始まりません。集中しているほどに画面を凝視している時間は長くなりがちですが、そうなると目のことが心配になります。今やパソコン用のモニターにも20インチを超えるものがあり、やや小ぶりのテレビと比較してそう変わりません。そう、子どものころからずっとテレビを観ていると目が悪くなるよと親に注意され続けてきて、ディスプレイをずっと眺めていることも大きな違いはないのです。それだけでなく近年は、LEDライトから発せられるブルーライトというものが大きな問題になっています。目を疲れさせるなど、良くない影響を及ぼすとされているのです。視力が低下してしまえば作業への弊害を生じてしまいますし、何より健康面で良くありません。主婦ライターをしていても、このあたりは気をつけたいところです。対策になりそうなことは、いくつか挙げられます。定期的に目を休めるこれはパソコン作業に限らず古くからいわれてきていることですが、長時間にわたって1点を見つめ続けないようにして目をいたわるということです。遠くの風景に目をやる、しばらく目をつぶってみるといったように視界を切り替えるようにします。パソコン用メガネ最初に「JINS PC」が話題となり、急激に市場としても確立されました。「Zoff PC」も、シェアを伸ばしています。かけることによってブルーライトがカットされ、目をしっかり守るというメガネです。現代における人々の生活スタイルを考えて作られ、目に及ぼすストレスを和らげるとされています。モニターの設定を変更するいつも目にするモニター自体についても、設定次第で目の負担を抑えることは可能です。青系統の色であれば、やはりブルーライトの光量は多くなります。デスクトップ画面はもちろん、たとえばWordでも背景色として青色光量の少ない黒などを設定することができます。また「f.lux」(エフラックス)といったフリーソフトがあり、設定することでモニターの色味が目にやさしいものとなります。ちなみにブルーライトは自然ですとあまりふれないものであるためパソコンやスマートフォン、デジタルテレビなどといったようにLEDを使用している機器が普及したことから懸念が指摘されるようになりました。体内時計に影響して寝付きが悪くなるといった可能性もいわれていますから、知らず知らずのうちに毎日の仕事から身体をこわすことがないようにしたいところです。

情報元 Source: 主婦でもなれる在宅ライター  目の心配は作業につきもの!対策はある?|主婦でもなれる!在宅ライター

本サイト外の在宅ワーク情報ですが、貴重な情報もありますのでRSSにて共有致しました。

Pocket