在宅オペレーターで経験を積んで起業をめざしてみる | 在宅ワーク求人募集

Pocket

クラウドの導入で変わるコールセンター

コールセンターというと、自社ビルやテナントビルの一室で多くの人数が集中して端末の前でお仕事をするのが一般的でしたが、最近では、在宅ワークをする主婦や主夫、学生やリタイアした男性を在宅オペレーターとしてインターネット上で結んだクラウド型の在宅コールセンターと呼ばれるシステムが多く運用されています。

在宅コールセンターの運用サービスも多くあり、初期投資が不要で、価格も1ユーザーあたり月額数千円程度の低価格で、本格的な在宅コールセンターが運用できるシステムもあります。

パソコンとインターネット回線、ヘッドセットと呼ばれる(頭に付けるイヤホンとマイクロフォンが一体化したもの)があれば個人でも在宅オペレーターとして運用を始められるサービスもあります。

また、企業が運営するコールセンター自体も、インターネットと運用アプリケーションを利用した在宅拠点化の方向に進んでいます。

起業への経験としての在宅オペレーター

在宅ワークで頑張る主婦出産、転勤、リタイヤなど様々な理由で、在宅ワークをされる方がいらっしゃいますが、中には起業の為の経験を積むために在宅オペレーターをされる方もいらっしゃいます

特に、主婦ネットワークを生かしての起業が多く、主婦の方が持つ能力やキャリアを生かす場となっています。

企業運営のコールセンターがクラウド化していく現状を考えると、起業された在宅オペレーターへの需要も高まっていくことが予想されます。

企業が外注化を目指している現在、小規模でも在宅コールセンターとして起業すると、インバウンド系としてのオペレーター以外にも市場調査や顧客獲得、キャンペーン告知、テレアポ、商品販売などのお仕事も受注できる可能性が広がります。

経験を積んでいける在宅オペレーター

在宅ワークオペレーター「なんでもいい」からと、とりつきやすい在宅ワークや△△レディ、〇✖レディ、ライブ□□などのあやしい在宅ワークを始めてしまうのは、危ないことです。

在宅ワークに取り組むなら、在宅でお仕事をしながら経験を積み、在宅ワークの次のステップが見えるお仕事を探していった方がいいでしょう。

Webデザイナー、HTMLコーダー、WEBライター、イラストレーターなどスキルを活かした在宅ワークに比べ注目度は低いと思いますが在宅ワークとしての、在宅オペレーターはその意味でも有望なお仕事と思います

【ご参考】コールセンターシステムの製品一覧

ITトレンドに掲載されているコールセンターシステムのランキングページへのリンクです。

在宅オペレーターで使うヘッドセットは

ヘッドセット在宅オペレーターで業務する場合は、遮音がされた個室があれば別ですが、マイクロフォンが周囲の音を拾ってしまうことが気になります。

そんな場合に有効なのが、音を拾う場所が狭くなっている指向性を持つヘッドフォンの使用です。価格も、2,000円台がほとんどです。

仕事を楽しくするのは、まずは道具からです。

 

 

在宅オペレーター募集

Pocket