在宅ワークは習うより慣れようよ

Pocket

増えてきた学習コース

金融庁から老後の資産不足が発表されてから、スキルを身につけて独立しようというサービスや在宅ワークコースと称するサービスが急に増えてきました。

ターゲットは主に若者や主婦で職種はWEBデザイナーやプログラマー、動画クリエーター、ライターなどが多くなっています。

中には、パソコンの購入もセットになった在宅ワークをパックにしたコースもあります。

コース終了後も仕事に関するサポートがあり仕事の紹介も行うとなっています。

(仕事はクラウドワークスやランサーズなどだれでも利用できるクラウドソーシングの案件が中心の様ですが。。。)

コース料金は、10万円前後のコースが標準的でコースを終了し在宅ワークが軌道に乗ると回収できるプランが示されているのがほとんどです。

コース受講は楽だけど

コースを受講して在宅ワーカーやフリーランスを目指すのは、ある意味効率が良い方法かもしれません。

受講中は分からないことがあれば、質問して解決できますし、在宅ワーカーとしての方向性に迷うこともないでしょう。

しかし、この方法は在宅ワーカーやフリーランスとして生活していく上で大切な点を知ることが出来ないまま在宅ワークをスタートしてしまうことにつながります。

在宅ワークには迷いと不安がつきもの

コース受講完了後、在宅ワーカーとなって仕事を受け始めると仕事が軌道に乗るまでの売り上げの少なさやこのまま続けていて先があるのか?という不安が生まれてきます。

副業として取り組み始めたとしても、在宅ワークを軌道に乗せるにはかなりの時間や工数が必要となり本業に支障をきたしたり、過重労働となり体調不良に陥る場合も少なくありません。

在宅ワーカーとして大切なことは

もちろん仕事をこなすスキルは大切ですが、スキルは仕事を続けるうちに身についていきますしネット上で独学することでより豊富で実践的な能力が身に付きます。

それより大切なことは、迷った時に方向性を模索し続ける能力と不安があれば解決を目指してあきらめずに続けていく能力になります。

クリック王や在宅オペレーターのお仕事があります。よろしければ応募してみてください。

いずれのお仕事も軌道に乗るまでの努力は必要です。

いままでも継続して努力することが出来る方のみ結果を出しています。

コース終了後在宅ワークの方向性に迷っていたら、新たな方向のひとつとして考えてみる価値のあるお仕事だと考えます。

在宅ワーク募集例

資料請求

応募資料の請求は下記フォームよりお願いいたします。


Pocket

2019年9月28日在宅ワーク情報