誰でもチャレンジできる副業!在宅ワークでライティングを始めてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

在宅ワークでライティング

在宅ワークでライティング
ライティングの仕事は自宅で気軽に始められるため、副業初心者にぴったりです。
やる気さえあれば誰でもできます。
ただ、ライティングに慣れていない人からすると、なにから始めてよいのか迷ってしまう場合も多いでしょう。
本記事では、ライティングスキルを高める方法や作業の進め方、高単価の案件を探す際のポイントなどについて解説をしていきます。

文章力だけじゃない?ライティングスキルを磨く方法

ライティングを副業にするのであれば、文章を書くための力が当然重要になります。
初心者の人は、たくさんの本を読み、たくさんの文章を書いてみてください。

ブログ開設の勧め

ブログ開設の勧め
文章をただ書くだけだと、モチベーションがあまり上がらないかもしれないので、この機会にブログを始めてみてもよいでしょう。
テーマを決めてブログを毎日書いていけば、文章力は自然に上がっていきます。

また、ブログは他人に文章を読んでもらうことにもなるため、自分の文章に対する客観的な感想が得られるチャンスも多いです。
ライティングの仕事を実際に始める前に、わかりやすい日本語を扱えるスキルを身に付けておくと、仕事がスムーズになります。

情報収集のスキルも磨こう

ライティングスキルは文章力だけでなく、情報収集のスキルも問われます。
自分の知らない事柄についてライティングするような仕事もたくさんありますので、リサーチ力が大切です。
インターネット、口コミ、新聞などに普段から目を向け、必要な情報を手早く収集できる環境を整えておきましょう。

ライティングは自己管理が大切

在宅ワークは自己管理が大切
決められた時間で文章を書き切る時間管理のスキルも意識すべきポイントです。
ライティングの仕事は在宅ワークで請け負い、自分ひとりで仕事を進めるパターンが多いです。
納品に向けてのスケジュールは基本的に自分自身で管理しなくてはなりません。
普段のライティングから作業時間を意識し、どのぐらいの時間で、何文字程度書けるのかを把握しておくとよいです。

ライティングの仕事の進め方、注意点

実際にライティングの仕事を受けたときの進め方について、この段落では説明していきます。
まず、記事のテーマを確認し、必要な素材を集めます。
ネットで探す場合は、Googleで検索するのがおすすめです。
記事のテーマに関係するキーワードを入力して、表示された上位10位ぐらいまでを参考にしてみてください。
Googleの上位に表示されるような記事は質が高い傾向にあるため、記事の素材として役立ちます。
もちろん、Googleに表示された記事をそのまま使うとコピペになってしまうので、素材を読みやすい順序に並べ替えるなど、オリジナリティを出していくようにしましょう。

文章構成を意識しましょう

主張をまず文章の先頭に配置、その後に理由、具体例などを記載すると読みやすくなります。
さらに、反論への対応を用意し、再主張の流れを組むと、文章に説得力が出ます。
参考にした記事で不要と思った箇所はどんどん削り、シェイプアップするのもよいです。
仕事で受けた記事のテーマとあまり関係がないところや、冗長な語尾や敬語は削るべきポイントになります。

ライティングは完成後のチェックが重要

ライティング完成後のチェックは忘れずに
文章を一通り書き終わったら、誤字や脱字をチェックしましょう。
チェックは目でみるよりも、音読をするほうが見つけやすいです。
表記ゆれについても、しっかりと確認する必要があります。
表記ゆれとは、同じ文章のなかで同じ意味の語句が違う表現になっていることです。
例えば、「行う」と「行なう」といったような送り仮名の違いや、「サーバー」、「サーバ」などカタカナ表記でも表記ゆれは起こりがちです。
表記のルールをあらかじめ決めておく、もしくは依頼先のほうでルールがあれば、それに従うようにしましょう。
表記ゆれをチェックするツールは無料でいくつかリリースされていますので、そういったものを使うのも悪くはありません。

記事を提出後、依頼先から修正の注文が入るケースもありますが、基本的には指示通りやるようにしましょう。
多少、自分の考えとは違ったとしても、依頼主に納得してもらうことがなにより大事です。

高単価のライティング案件を探すためのポイント

最後に、高単価のライティング案件を探す方法について紹介します。
低い単価の案件で経験をある程度積めたのであれば、高単価の案件に積極的にチャレンジしていきましょう。
ライティングはジャンル次第で単価が変わる傾向にあります。
例えば、法律、金融、不動産などは専門的な知識が必要となるため、高単価が期待できます。
ゲームのジャンルも単価が上がってきている傾向で、eスポーツなどに関するものであれば1文字2~3円の案件も珍しくありません。

ライティング募集はクラウドソーシングだけではない

ライティングの仕事はクラウドソーシングの印象が強いかもしれませんが、企業HPへ営業メールを直接送るのもひとつの手です。
ネットを使い「ライター募集」で検索をかけると、該当の企業がいくつもヒットするでしょう。
求人サイトの業務委託で「ライター」で検索した際も、いろいろな仕事が出てきます。
こういった企業が募集している案件は、スタートの文字単価が比較的高いです。
1文字1円以上のところがほとんどといえるでしょう。
また、SNSでも「ライター募集」で探すと、意外と条件のよい案件が転がっている場合があるので、確認してみてください。

ライティングは誰でも稼げる可能性を秘めた仕事

在宅ワークライティングの勧め

ライティングは地道にスキルを積めば、それに比例してだんだんと稼げるようになる在宅ワークです。
特に資格なども必要がないため、ハードルの低い副業といえるでしょう。
経験や専門的に詳しい分野があれば高単価を狙うのも十分可能です。
文章を書くのが特別苦にならないようであれば、一度試しにやってみることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket