在宅ワーカーの声

在宅ワークをされている主婦の方から頂いた声です。

在宅コールセンター オペレーターでお仕事をされている方ではありませんが、在宅でお仕事をされている方の一日の使い方として、ご参考になれば幸いです。

主婦の方より

在宅ワークは稼げない!

そう思っていませんか?

夫婦確かにやればやった分だけお金にはなるのですが、やらなかったらお金にはならないシビアな世界でもあります。

特に大切なのはスケジュール管理ですね。

周りには誰の目も無いので、疲れたらすぐに休むことができます。

昼食の時間も自由なので、ついスマホをいじっていたら15時を過ぎていた…なんてことも。そこで、実際に在宅ワークをしている私の1日をご紹介させて頂きます。

まず、起床は4時~6時とかなりバラつきがあります。

繁忙期など忙しい時の方が疲れているので起きるのは遅くなってしまいますね。

でも、本来であれば4時に起きて仕事をしながら少し家事をするのが1番効率が良いと思っています。

起きたらまずはスマホからメールチェック。

返信はキーボードの方が早いのでパソコンから行うのですが、急ぎの連絡が無いかを先にチェックしてから返信します。

そして、その日の作業などを確認している間にバケツに洗濯物を入れたり、お味噌汁などの準備を行います。

いつも余裕を持って起きているので、わりと朝はのんびりですね。

朝食とお弁当の準備ができたら主人を起こします。朝食は一緒に食べることもあれば別に食べることも。

基本的に朝はお味噌汁を火にかけたらキーワードチェックをしたりながら作業を進めていきます。

大体7時頃に主人が出勤したら、その時点で私の仕事がスタートします。

こまめに立って洗濯をしたり洗い物をしたり。一度にまとめてやらないのは、合間に家事をした方が仕事の効率が上がるからです。

そして昼食を食べた後もひたすら仕事。

17時になったら終了して、シャワーを浴びたらエコバッグを持って晩ごはんのおかずを買いに行きます。

引っ越したばかりなので洗濯機と冷蔵庫は使っていません。

シンプルな生活を気に入ったので、今後購入する予定ですがそこまで使わないと思います。

夫婦そして晩ごはんのおかずを作りながら、例えば煮物を煮込みながらお仕事をしたり。

ちょうど主人が帰ってくる頃にはできていますが駅まで迎えに行って半額のお刺身目当てに駅ビルに行く事も多いですね。

ご飯を食べたら、後は寝るだけ。元々夜型生活の人間なので、夜は早めに布団に入らないと寝付けないんです。

それに朝も起きれなくなりますから、太りますけど食べたらすぐに寝るようにしています。

ただ単に在宅ワークというだけで、私の場合はわりとシンプルですね。

昔は朝から晩まで仕事をして1日2時間しか眠れない日が数日続いたりしていましたが、今は穏やかな生活のために仕事をセーブするようにしています。

在宅オペレーターの場合

在宅オペレーターの場合は、勤務時間のスケジュールをあらかじめ決めての作業ですので、生活は、もう少しお仕事中心の生活になると思います。

多くの方が、いろんな生き方を選択して頑張っているのだなと感じます。

どのような、状況でも生きていくことに是非はありませんね。

もし、在宅ワークをお探しなら、一度、在宅コールセンター オペレーターで頑張ってみませんか?

ご応募お待ちしています。

クリック王マーケッティング

 

アクスイリュージョン在宅コールセンター